小児歯科

一生自分の派手かむことができるように

当院が小さなお子様に心掛けていること

お子さんは治療に対して特に不安が強いため、来院した時からスタッフ一同、明るく対応します。
治療中も怖い思いを減らせる為に、声掛けをしっかりとする事を心掛けています。

また、無理に治療を進めず、お子さんと向き合いながら治療を進めます。
治療後には、できた事をしっかりとほめて、お子さんに継続してもらえるように、そして歯科医院に対して良い思い出を残せるように努力します。

お子さんの歯が初めて生えてきた時、小さくてかわいい歯におうちの方は喜んだことと思います。歯は削って治療をしたとしても、もとの健康な歯に戻ったわけではありません。
当院では、お子さんの歯を守り健康に過ごすために予防を大切にしています。

* お子さんの口の中は、成長にともなってどんどん変化します。仕上げ磨きは、自分での歯磨き、またフロス(糸でのお掃除)の使い方など、その時期、状態にあった仕方が大切です。
お1人おひとりにあった磨き方や器具の選び方などお話しいたします。

むし歯予防や初期むし歯の再石灰化を目的として、定期検診ごとにフッ素塗布を行っております。また、フッ素塗布も歯科医院で行う濃度の高いフッ素と家庭で使用する濃度の低いフッ素の併用が効果的です。

健康な歯を守り育てるために・・

低年齢からの定期検診をお勧めします。
むし歯をみつけるためではなく、むし歯にしないために・・
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

フィッシャーシーラント

お子様の歯は3歳で20本の乳歯が生え揃い、小学校入学位になると今生えている乳歯の奥に"6歳臼歯"という初めての永久歯が生えます。6歳臼歯は噛み合わせの中心となる歯で、噛む力が強い為、非常に重要な存在です。

* 6歳臼歯の奥歯は溝が多く、ブラッシングが十分に出来ない為、歯垢などがたまってむし歯になりやすいので、シーラントをこの溝の部分に塗布してあげることで、むし歯になりにくい歯にします。この溝を埋めるのをフィッシャーシーラントと言います。

乳歯の生えかわる時期

乳歯の生え変わる時期

永久歯の生え来る時期

永久歯の生えて来る時期