女性と歯周病

女性は歯周病にかかりやすい!?

女性には歯周病にかかりやすい不利な時期があるということはご存じでしょうか?

* 男性と違って、女性の身体には思春期・妊娠と出産、そして月経というように、一生の間に何度も大きな変化が訪れます。
これらが全てに女性ホルモン(プロゲステロン・エストロゲン)の分泌量の変動が関わり、この変動が口腔内を含めた全身の多くの部分に影響を与えます。

不利な時期とは?

思春期 思春期には、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホロモン)の量が増加します。この影響で歯肉が敏感になり、歯肉の腫れ・発赤など歯肉の炎症(歯肉炎)が生じやすくなります。
妊娠 妊娠中も歯肉炎が起こりやすい状態になってしまいます。
これも妊娠によるホルモンバランスの変化によるものです。妊娠2~3カ月ごろから歯肉の腫れ、出血、発赤などの症状が現れます。
また、妊娠中の重度の歯周病に感染していると、早産や低体重児などの危険性が高くなることが分かっていますので、妊娠中の方やこれから予定している方では、注意が必要です。
月経の閉止 閉経の前後に歯周病が悪化することがあります。
これはエストロゲンの減少が影響しており、骨が吸収されやすくなったり歯肉が炎症を起こしやすくなったりします。また、閉経後、口が乾く、味覚の変化などの口腔内の感覚の変化を訴える方がいます。

予防・メンテナンスで不利な時期に歯周病にかからないようにしましょう。

* 歯周病は口腔内の細菌による感染症です。
不利な時期に歯周病にかかるのも原因は同じで、細菌による歯周病がホルモンバランスの変動で歯肉が敏感になった時に悪化するという事なのです。
ですから、予防法も一般の歯周病と同じで、口腔内を清潔に保つことが大切です。
自分で毎日行うブラッシングと歯科医院での定期的なクリーニングを受ける事が効果的です。

早めに適切な処置を受けることをお勧めいたします。

普段から口腔内を清潔に保ち、女性にとって不利な時期を快適に乗り越えましょう。

お問い合わせはこちら