神戸西神オリエンタルホテル1F

スタッフブログ

⭐️⭐️遠心分離機導入しました⭐️⭐️ 2019.11.18更新

歯科治療では、やむを得ず抜歯をすることがありますよねぇ😩💨

そして、抜歯をするとボコッと穴が空くことがあきます。そうした穴に食べ残しの一部が入り込んでしまって、なかなか取れない。取りたくても歯茎が痛くてなかなか取れない😑

そのうち取れるだろうと放っておくと、それが原因で痛みや腫れが長く続くことがあります💨

また抜歯後の歯茎の穴に何らかの原因で血餅がうまく溜まらず、顎の骨が露出したままの状態が続いてしまうことがあります😱

この状況を「ドライソケット」といって、痛みが長引くこともあります🧐

こうした状況になりにくくする為に遠心分離機を用いたCGFによる再生治療を導入しました✨✨

CGFとは、Concentrated Growth Factorsの略で、血小板・成長因子が豊富に含まれた添加物を一切含まない完全自己血液由来フィブリングゲルです。

フィブリングゲルは、簡単に言うと「固まろう!」とする力と同時に「早く治そう!」という力が働きます。この働きを人工的に作ってしまうのがCGF遠心分離機です。

採血した血液をある条件で遠心分離すると、ゲル状の液体が形成されます。

このゲル状の物質こそが、固まろう!とする「凝固因子」と、早く治そう!とする「成長因子」が凝縮されたもので、再生治療の世界においてとても注目されています✨

このゲルを抜歯時の穴に入れてパテのように埋めてしまうのです💨

食べ物が抜歯時の穴に入りにくくなりますし、凝固因子と成長因子の凝縮されたゲルが、治癒のスピードを上げてくれます✨✨

ご興味ある方は、ぜひお気軽にご相談ください😁✨✨