神戸西神オリエンタルホテル1F

スタッフブログ

骨粗鬆症と歯科治療の関係💡 2020.06.05更新

 

骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症とは、骨強度の低下によって骨が脆くなり、

骨折しやすくなる骨の病気です🦴

日本国内において骨粗鬆症の治療を受けている患者さんは

約63万人いると言われています💦

※(厚生労働省:平成29年患者調査(傷病分類編))

特に女性は、閉経と加齢によって急激に骨強度が低下する傾向があります⤵⤵

 

歯科治療との関係は?

骨粗鬆症の治療薬の使用中に歯を抜いたり、骨に関係する外科処置をすると、

顎の骨が腐ってしまう(顎骨壊死)

という現象が起こる場合があることが分かってきました。

 

まず歯科医院ですることは?

抜歯や外科処置をしないでいいように、

歯科医院での定期的な検診・クリーニングが大切です🦷⭐

また今後、骨粗鬆症治療を始める予定が分かっている方であれば、

骨粗鬆症治療開始前に必要な歯科治療を終えておく必要があります⚠

その為にも、定期的な検診はとても重要であると言えます。

 

ご来院いただく際には必ずお薬手帳をお持ちください!

安全な治療を行うために、

飲んでいるお薬が変わったり、新たに種類が増えた際にも

確認させていただきますのでお申し出ください(^-^)

 

 

お薬を服用中に抜歯をしなければならなくなったら?!

顎骨壊死が起こる原因として細菌の感染が考えられるので、

感染を防ぐために、まずは口腔内を清潔にします✨

歯科医院でのクリーニング・歯石除去をし、

ブラッシング指導を始めとした、その方に合ったホームケアをお伝えし、

実践してもらいます⭐

その後、必要な歯科処置へと進みます。

場合によっては口腔外科へ紹介となることもあります。

 

骨粗鬆症にならないために!

骨を丈夫にするためにはカルシウムを連想しますが、

摂取したカルシウムを効率よく吸収するためには

ビタミンD・K1・K2タンパク質ミネラルなどの

栄養バランスが大切です!

ビタミンD・・・鮭、サンマ、ブリ、カレイ、きのこ類など

ビタミンK1・K2・・・緑黄色野菜、納豆、干しワカメなど

 

健康な歯で美味しく食べて、

心身ともに健康な身体作りをしていきましょう!!