神戸西神オリエンタルホテル1F

スタッフブログ

歯科情報

2019年05月16日 07:25 口腔がんについて 歯科情報

「がん」は今や日本人の死亡原因の一位になっています☠

「胃がん」、「肺がん」や「乳がん」などはよく知られていますが、口のなか(口腔)にできる「口腔がん」のことはご存知でしょうか⁉🤔

日本では年間に男性で5,000人、女性で2,000人の方たちが「口腔がん」にかかるといわれています🥵
「口腔がん」の約半数は舌にできますが、頬粘膜、歯肉、口底、口蓋などにも発症します💨💨

口腔がん発症部位

口腔がんの発生に係る要因は数多くありますが、代表的なものは喫煙🚬と飲酒🍺です💨💨

喫煙者の口腔がんの死亡率は、非喫煙者の約4とされ、重度の飲酒もハイリスク因子と考えられています😱

他にも不潔な口腔衛生状態適合の悪い入れ歯歯の鋭縁ヒトパピローマウイルス(HPV)感染なども原因とされています👿

口腔がんのできやすい場所は舌・歯ぐき・頬の粘膜ですが、中高年齢の方は、毎月1回のセルフチェックを強くお勧めします。特に、喫煙や飲酒等の習慣がある方は、怪しいと思ったら直ぐに、かかりつけ歯科医や総合病院の歯科口腔外科を受診しましょう⭐⭐


2019年05月09日 07:27 口内炎について👅 歯科情報

口内炎とは、口腔内の粘膜に起こる炎症で、頬の内側、舌、歯ぐきなどにでき小さな白い円形のものから赤く腫れて潰瘍を引き起こすものがあります🥵

症状として、食べ物や飲み物がしみる、歯磨き時ハブラシが当たると痛む、会話がしづらくなる、などがあります😖

直径1mmくらいのものから約1㎝の大きさまでさまざまですが、大体2週間くらいで治癒します🦷🦷

そのため、「ほっとけば治る」っと、思われがちですが、口内炎を繰り返すことによって口腔癌を発症する、口内炎だと思っていた症状が実は口腔癌だった、ということもあります😱💦

2週間以上たっても口内炎が治らない場合は、歯科医院を受診するようにしましょう‼‼

 

もっとも多い「アフタ性口内炎」

一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」です。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています🍀

なかなか治らないとき、範囲が広いとき、何度も再発するときは、ベーチェット病などほかの病気の一症状であったり、くすりが原因の場合もあるので、すぐに病院へ行きましょう💨💨

物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」

「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側を噛んでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたりします。アフタ性とは異なり、境界が不明瞭で、唾液の量が増えて口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりすることもあります。また、味覚がわかりにくくなることもあります👿

ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」

ウイルスが原因で起こる口内炎もあります。単純ヘルペスウイルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」は、主に唾液などの接触感染や飛沫感染によって感染します。ほかにも梅毒・淋病・クラミジアなど、性感染症(STD)による口内炎が知られています。またカビ(真菌)の一種であるカンジダ菌は、もともと口の中に存在する常在菌のひとつですが、免疫力が低下したりすると増殖し、「カンジダ性口内炎」を発症することがあります。
ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みが伴うことがあります🥵

その他の口内炎

特定の食べ物や薬物、金属が刺激となってアレルギー反応を起こす「アレルギー性口内炎」、喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こる「ニコチン性口内炎」などもあります。ニコチン性口内炎の場合は、口の中の粘膜や舌に白斑ができ、がんに変化するおそれもあります🦷🦷

口内炎のさまざまな原因


2019年05月07日 14:28 口腔がん検診を受けましょう! 歯科情報

口腔がんとは、お口の中にできる「がん」のことです。

口腔がんには、舌や頬、歯茎の粘膜に発生するもの、また唾液を分泌する唾液腺(顎下腺・耳下腺)に発生するものがあります。

 

こんな症状はないですか?

*なかなか治らない口内炎がある(痛みはない)

*普段から口内炎ができやすい

*頬や舌をよく噛む

 

一度、鏡でご自身のお口の中をチェックしてみましょう^ – ^

 

万が一「がん」であった場合、早期発見であれば治癒率は高くなり、予後も良好だと言われています。

 

定期的な歯科検診がとても大切です✨

また神戸市では無料の口腔がん検診も行なっています。気になる方は是非一度受診してみてください!


2017年11月19日 15:51 院内勉強会 歯科情報


 

 

丸橋歯科医院では、これから1年間セミナー講師の先生に来ていただき院内勉強会をする事となりました????

 

 

10月第1回目は、長谷ますみ先生による

 

 

✨スタッフのモチベーションセミナー✨

 

 

という内容でした????

 

 

歯医者というとあまり良いイメージがなく????緊張して来院される方も少なくはありません????

 

 

そういった方にも安心して来てもらえる医院を目指していきたいと考えております????✨

 

 

患者様のお悩みにしっかりと寄り添い、より良い医療を提供できるようスタッフ一同頑張っていきたいと思います☘️


2017年10月24日 14:23 唾液検査について 歯科情報

唾液には、私たちの歯をむし歯から守ってくれます。

 

・虫歯菌や食べカスを洗い流すこと

 

・虫歯菌がだした酸を中和すること

 

・溶かされた歯を修復する働き

 

・歯垢(プラーク)の形成を抑える働き

 

など、さまざまな働きがあります。

 

唾液の量や唾液の質が良い人はむし歯になりにくいといえます。

 

当院では、唾液の量や質を検査する唾液検査を導入しております。

 

興味のある方は、お気軽にご相談くださいね。


2017年10月12日 17:34 当院で行うインプラント治療 歯科情報

今回は、”歯を失った時の治療方法”について書いてみたいと思います。

 

何らかの原因で、歯を失ってしまった方の治療方法が3つあります。

 

①義歯(入れ歯)

 

②ブリッジ

 

③インプラント

があります。

 

 

ブリッジは、健康な歯を削ること、支えとなる歯に負担がかかるというデメリットがあります。

 

 

入れ歯は、ブリッジほど歯を削りませんし、残った歯の負担も少ないですが、負担が一切かからないというわけではありません。

 

インプラントは、自由診療になりますが、残っている健康な歯への負担を考えると、ブリッジ、入れ歯よりも優れています。

 

 

当院では、インプラント治療法をお勧めしており、治療に欠かせないCT撮影も大学病院に行かなくても当院で撮影可能です。

 

 

CT撮影は、精密かつ正確な治療を行う為、必須です。

 

 

従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置などが確認できる最新のCTを導入しています。

 

 

カウンセリングも随時行っていますので、お気軽にご相談下さい????

 

 


2017年08月18日 10:59 食育&小児歯科保険指導セミナー受けました 歯科情報

先日、NDLミントセミナーの食育&小児歯科保険指導セミナー受けました^_^

 

セミナーは院内でおこなってもらい、スタッフ全員が聞く事が出来ました。

 

お子さんの食育には、どの親御さんも関心を持っておられると思います。

 

当院に来院される全ての親御さん、お子さんに食育と歯科の繋がり、基本的な食事の事、しっかりと噛む事が成長にどれだけ大切か?など、しっかりと伝えていける様にしていきます。

 

 

 

 

セミナーパンフレットが可愛いかったです。

 

 


2017年07月24日 18:07 丸橋歯科医院のblogを引越ししました^ ^ お食事会 予防情報 未分類 歯科情報

この度、Amebaブログから、オフィシャルブログとして丸橋歯科医院のブログを更新することになりました^_^

 

これからも少しずつ患者様のお役に立つ歯科にまつわる情報や、院内のセミナーの事、お食事会の事を更新していきますので宜しくお願い致します(^ ^)